サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)のプール

久しぶりに桜区にあるさいたま市記念体育館のプールに行ってきました。
身体がなまると泳ぎたいなーと思うことがごく稀にあり、そんな時に簡単に泳げるプールが意外と少ないのですが、この体育館はビジターでも利用でき、さいたま市民は1回410円也と廉価で利用が可能です。
公共の施設なので入会等の手続きもなく、1回ごとに利用料を精算というのが使い勝手が良いです。
それと夜21時までやっているので仕事終わりに行けるというところも勤め人にとっては高ポイントです。
場所は荒川の近くなので最寄駅は遠く、浦和駅からバスも出ていますが夜間にプールを利用しようとすれば車以外でのアクセスは厳しいです。
ただその分駐車場は広く、3時間までは無料で利用出来ます。

サイデン化学アリーナ(さいたま市記念体育館)

 

サイデン化学アリーナ(さいたま市記念体育館)

先日、久しぶりに訪ねたところ、ネーミングライツで名称が「サイデン化学アリーナ」に変わっていたのには驚きました。
サイデン化学は樹脂などの化学品のメーカーで、体育館のすぐ隣に工場があります。
ちなみにウィキペディアで調べたら命名権は年間400万円とのことでした。
サイデン化学アリーナ(さいたま市祈年総合体育館)はプロバスケットのさいたまブロンコスのホームアリーナの一つで、桜区役所に併設されています。

 

肝心のプールは30分ほど水中ウォーキングで体をほぐし、隣の25m初心者コースを2往復もするともう腕がパンパン。
衰えを実感しましたが、それでも水中での浮遊感はプールならではの楽しさで、久しぶりの水泳を堪能しました。

 

プールには券売機を買って入場します。

サイデン化学アリーナ(さいたま市記念体育館)

 

個人的なプールご利用上の注意点は、プールへの入場は20時までということと(一度20時を過ぎて入場できなかったことがあります)、プールエリアに行くには券売機でチケットを買って、駅の改札口の様な機械にバーコードを読み取らせて入場するのですが、そのチケット(結構ペラペラ)を、脱衣所のロッカーを施錠する時にも利用するということ。
チケットをロッカーの扉に差し込むことで施錠ができるという仕組みのため、改札を通った後適当にしまってしまうと、ロッカーの施錠時にもう一度カバンやポケットをひっくり返すことになるのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA